「東京都伝統工芸品若手職人の国際化推進」に係る一部業務受託決定

東京都による平成29年度「東京都伝統工芸品若手職人の国際化推進」に係る海外研修及び国内報告会関連業務の一部受託が決定しました。本事業は、東京都指定の伝統工芸品の次代を担う若手職人に国際的な視点を付与し、業界の意識改革につなげていくことを目的に、パリ、ミラノにおける伝統工芸品の利用シーンを踏まえた研修会を軸に展開されます。
参加者(zhe)は研(yan)(yan)修(xiu)会に先(xian)立つ準(zhun)備講(jiang)座を通(tong)じて、伝統工(gong)芸品(pin)産業(ye)の現状と成功事(shi)例(li)に基づく海外(wai)展開(kai)の意(yi)(yi)義、海外(wai)における伝統工(gong)芸品(pin)に対するニーズやバリューチェーンの実態等を理解(jie)し、高(gao)い意(yi)(yi)識で海外(wai)研(yan)(yan)修(xiu)に臨みます。研(yan)(yan)修(xiu)会後の報告(gao)会は広く開(kai)かれた形で行い、海外(wai)研(yan)(yan)修(xiu)の参加者(zhe)によるプレゼンテーションをきっかけに、他の東京都伝統工(gong)芸品(pin)産業(ye)に従(cong)事(shi)する若(ruo)手職人等のモチベーション向(xiang)上と産業(ye)全般の活(huo)性化につなげます。

?20170428_03

〇事業名
平成29年度 東京(jing)都伝統工芸品若手職人の国際化推進事業