世界の「ARITA」を実現する

有田焼(佐賀) 佐賀(he)県海外市場開拓支(zhi)援事業(ye)

ABOUT
PROJECT プロジェクトについて

2016年に創業400年を迎えた有田焼。
遡ること3年前(qian)から欧州の高(gao)品質・高(gao)付(fu)加価値(zhi)市場の開拓に取り組み、一定の成果(guo)が上がったことから、2016年よりマーケットとして有望なアメリカ進出に挑戦しています。

FEATURESプロジェクトの特(te)長

自分の決めた目標に向かう

知識やノウハウを一(yi)方的に伝えるだけでは、一(yi)過性の効(xiao)果で終(zhong)わってしまいます。プロジェクトの参加者は自分(fen)の目(mu)でニューヨークを見て回り、市場開拓(tuo)のためのプランを策定。これをひとつひとつ検証し、練り直すことで、北米市場で自社(she)ブランドと流通(tong)チャネルを築きます。

そのために必(bi)要な各(ge)分(fen)野の専(zhuan)門(men)家(jia)、消費者との接点をメイド・イン・ジャパン・プロジェクトがコーディネートします。

  • NOTICE参加者の気付き

    アメリカのギフト市(shi)場の大きさや日本製品への好感度の高さを実感する一方で、アメリカのバイヤーの価格に対(dui)する意識もシビアであることが分(fen)(fen)かりました。デザイン、色(se)、パッケージなど、価格以外の部分(fen)(fen)に特徴を持たせられれば、国内より大きな商品の需要が見込めそうです。

  • ADVICE専門家アドバイス

    私は1989年に渡米以来、ニューヨークを拠点に衣料と雑貨の輸出入業を展開しています。ここはビジネスの歴史(shi)が浅い国ですから、商習慣の悪弊がなく、オープンなマーケットです。マーケットを理解し、マーケットにとって魅(mei)力的な商品があれば、ビジネスは日本よりもやりやすいはずです。