NYで「とちぎの器」ブランド確立へ

益子焼・小砂焼・みかも焼(栃木) 「とちぎの器」NY販(fan)路開拓事(shi)業(ye)

ABOUT
PROJECT プロジェクトについて

栃木県の伝統工芸品である益子焼・小砂焼・みかも焼(以下、とちぎの器)は年々生産量が減少しています。
世界のショーケースといわれるニューヨークで展示商談会を開催(cui)し、新たな販路(lu)を開拓します。

FEATURESプロジェクトの特長(chang)

売れる場を編集する

店舗(pu)運営も行うメイド・イン・ジャパン・プロジェクトならではの編集力で、「Japanese Ceramic Tableware from Tochigi」と題した5日(ri)間の展示(shi)商談(tan)会で230点全て買い手が付きました。また、来場(chang)者のおひとり、Morihata International Ltd. Co.のCEOのご厚意により、後日(ri)、益(yi)子焼を紹介する企画展がフィラデルフィアで開催(cui)されました。

「誰に」「何を」を売りたいかを明確にし、
「どう」売るかを提案します。

  • NOTICE参(can)加者の気付き

    「とちぎの器(qi)の色や質感が食材を引き立てる」など、思っていた以(yi)上(shang)の反響(xiang)があり、新(xin)たな契約(yue)も結べました。和食ブームに加えて、新(xin)しいものを受け入れるニューヨークという町の包(bao)容力(li)を肌で感じ、ニューヨークでの販路(lu)拡大が新(xin)たな活路(lu)として現(xian)実味を帯びてきました。

  • ADVICE専門(men)家アドバイス

    世界中(zhong)からあらゆるモノが集まってくるニューヨークでの展示会は、「センスの良(liang)い」「インパクトのある」「商品が分かりやすい」プレゼンテーションが重要です。また、アメリカのサプライヤーの多くは、売(mai)ったら売(mai)りっぱなし。きめ細かい日(ri)本式の営業(ye)フォローは大(da)きな武器といえます。